改・墨二、墨高連合最強補完計画!



管理人の中で最高の漫画、キャプテン、プレイボール。
しかしこれらの漫画はかなり面白いのに、いまいちメジャーでない…
それゆえ、誰もサクセスで彼らを作ろうとはしなかった…
管理人は考えた。
「誰も作らないんなら自分で作ればいいじゃないか!」

というわけでキャプテン&プレイボール紹介の始まり〜



1、前書き
2、キャプテンとは?
3、伝統の墨谷キャッチについて
4、「キャプテン」、プレイボールの謎
5、あとがき
6、パワプロ7(決定版)用墨谷パスワード集
  リーダー的存在


1、前書き


「おれは なにも能のないキャプテンだったが、おまえらが見せて
くれたように、おれもおれなりのことをみせてやるぜ」


二代目キャプテン丸井の対青葉戦最終打席でのセリフである。

『キャプテン』と僕が初めて出会ったのは中学2年の時だった。いつものようにクラブを終えて、
フラっと入った本屋にその本はあった。

当時、野球に冷めていた僕を見事に野球に戻してくれた傑作漫画である。

フリーハンドでありながら親しみのある柔らかいタッチ、何もとりえの無いはずだった中学生が
チームの結束を得て、最後には全国中学選手権をもぎ取る様は、 子供心に努力という言葉を教え、
感動を与えてくれただけでなく、自分はキャプテンの世界の住人となり、自分=谷口にすっかり
感情移入していた…

野球が好きな方は是非この傑作を読んで欲しい。きっとbaseballがもっと好きになるだろう。


2、あらすじ


名門青葉学院から墨谷二中に転校してきた谷口タカオ。彼は青葉では二軍、しかも補欠だったが、
墨谷メンバーにその事を言い出せず、周囲の期待と自分の実力とのギャップに悩まされる。

しかし持ち前のガッツで実力を付けキャプテンとなり、幾多の苦労を得て中学野球全国制覇を成し遂げる。
そして冒頭でも触れた熱血漢の二代目キャプテン丸井を越て、三代目キャプテンイガラシにバトンは回る。
彼は驚異的な特訓でチームの力をつけ、墨谷二中二回目の全国制覇を成す。

そして四代目キャプテン近藤に引き継がれる…



3、伝統の墨谷キャッチ

Q1、墨谷キャッチって何?

A,墨谷キャッチとは、墨谷ナインが生み出した「壁にぶつかりながらボールをキャッチする」事です。

Q2、どうやってやるの?

A,パワプロ7を例に挙げて説明いたしましょう。



墨谷キャッチのプロ、島田君(ライト)
東京ドーム、キャンプの守備練習で島田君をライトに入れる
「キャンプ」の「守備練習」に入ったら、まず十字キー
強さをMAX-2、方向をライト方向へ14、角度を-2にします。
そしてアナログに戻して、打つと同時に右上にダッシュ!
壁の広告の間にボールが行くはずなので、タイミングを
合わせてスライディング!
壁にぶつかりながらもボールを死守する島田くん!








4、「キャプテン」、プレイボールの謎



※ここに載せている〜巻とは文庫版の事を、PBはプレイボール、CPはキャプテンを表します。
謎の内容 推測
謎1
鈴木と半田は谷口と同じ学年だったのに、後半では
丸井と同じ学年(PB10巻P96)になっているが?
二人とも留年したんじゃないでしょうか?(笑)
謎2
島田たちと同期入部の「須藤」「根岸」たちが、
PB10巻P75では消えているんですけど?
某サイトでは根岸が転校、須藤が交通事故で
長期入院となっております。
謎3
漫画版ではオーバースローの佐野がアニメ版では
アンダースローになっているのは?
アンダーのほうがインパクトがあるからだと推測。
謎4
PB11巻P29で田所さんが未成年なのにたばこを
吸っています。(確かこの時18〜19歳)。しかも
先生の目の前で…
見事な法律違反を犯しています(笑)。
しかも部長は「外で吸えよ」と容認!?
謎5
CP5巻P41で青葉部長「〜汚名挽回〜」とか言って
いますが、「名誉挽回」の間違いでは?
その後の試合で負けちゃうんですから、結局の
ところ汚名挽回でよかったんじゃないですか(笑)
謎6
丸井合宿で「一年生は近藤だけしか残らなかった」と
言っていましたが、曽根や牧野、佐藤は一体?
もしかして出戻り?カッコ悪!(笑)
牧野君はJOYをけなす資格無し(^^;
謎7
イガラシ編のポジション分けで、牧野らしき人物が
井口と呼ばれてますが?
この後、江田川中の井口が再登場するので、
読者が混乱しないようこっそり名前変更(笑)
謎8
イガラシ編でナインの親が呼ばれた時、近藤父が
扉を開けた時、左下に座っている人はもしや…
イ、イガラシの親父!?
なんとなく青葉の部長に似てますね(^^;
謎9
イガラシ君は何故名字が唯一カタカナなんですか?
「イガラシ」を漢字で書くと五十嵐ですよね?
子供が読めないかもとの配慮じゃないですか?
謎10
近藤父は「来年はもっと強くなる」みたいな事言って
ましたが、打線が小粒になって逆に弱くなるのでは?
いいや、不気味なぐらい愛想のいいイガラシ弟が
いる限り墨谷は必ず優勝します。例えゾウがミス
しようとも滝が「ソラッ!」と声を出そうとも慎二が
いる限り多分…安泰なのですよ!(笑)
謎11
慎二はなぜ、谷口以来欠番だった「背番号5」を
付けているんでしょうか?
慎二が5を付けていた時のキャプテンは近藤です。
もう彼らの世代には谷口を知っている人はいない
謎12
CP14巻P69の3コマ目、牧野の目が…
うわぁぁぁ(笑)



5、あとがき


 プレイボールの後の話が読みたいところですが、そんなものあるのでしょうか?
なんとあります!
タイトルは忘れましたが、プレイボールの後の話を補完した本が出ています。

谷口タカオ→親父の後を継いで大工になった
丸井→墨谷高校の監督
イガラシ→(社会人野球を経由?)コーチ

らしいです。

 ただし、僕はこれが本当のキャプテンの終わりではないと思います。
なぜなら、キャプテンは、みんなの心の中で今も生き続けているのですから…(クサッ 笑)



 あ、そうそう、キャプテンの前の話もあるようです。
「半ちゃん」という本がそうです。なんと、みんなの英雄半田が主人公!(笑)

 ストーリーはというと、半田君(まだ小学生)が所属する草野球チームが人数足りなくて、
半田君が走り回りなんとかメンバーをを集めたのはいいが、屈辱的な大差負けをきっしてしまう。
このままではいけないと感じ、とある人にコーチを頼むのだが、それがなんと「イガラシ」である。

 イガラシのもう特訓について行けない人(勝利にあまりこだわらず野球を楽しみたいだけの人)と
食らいついて行く(勝利の野球がしたい人) で分裂し、ラストでは解散してしまうという話である。
プレイボール初登場時の半ちゃんの台詞に「入っていた草野球チームが解散〜」との件がありますが、
実は背景にこんな事があったんです。


21世紀も「キャプテン」「プレイボール」が受け継がれて行きますように…
後書きになってなぃ(^^;





〜おまけ:チャットで盛り上がった、近藤卒業後の墨谷二中のスタメン考察〜
打順とポジション お名前 特徴
1:セカンド 松尾 母上…(笑)
2:ライト 「ソラッ」君 名前分かりません(^^;
3:サード イガラシ慎二 多分キャプテン。そのカリスマ性を存分に見せてくれ!(笑)
4:ピッチャー JOY(佐々木) 慎二じゃパワーがないからね…
5:ショート 対富戸中での好守備、打撃は光る物がある
6:センター 顎トンガリ君 名前わからず。イガラシ(兄)編でバッティングテストで落ちてました。
7:キャッチャー 青木 近藤の変化球を苦労しながらも受ける事が出来たので。
8:ファースト ゾウ(橋本) 最高だよ…
9:レフト 山下 松尾バット強打事件の張本人(笑)

イガラシとJOY、顎君と山下入れ替えてもいいかも。
控えに赤津、進藤、腕ぐるんぐるん君(^^;など



コラムトップへ