プリンセスうぃっちぃず
発売元 容量 ボイス CDチェック - 
ぱじゃまソフト - フルボイス 2005年5月発売



まずはクルルルート(正義編)終了。と同時に次の「真実編」に行けるように。
どうやら個別にENDがあるでなしに、AIR方式でゲームが進んでいくみたい。

正直、ドタバタ学園物に魔女っ子要素を加えただけのシロモノだと思っていたら、
(この前まで魔女アラやってたせいか)F○Cならここでぶった切るんだろなーと
思えるポイントから先がまだあり、さらにそれがメインになっていて中々の内容に驚いた。

学園パートのバカさ加減が結構好きだったので、後半のパートに入ると終始シリアスで
進むのはちょっとうーーんとなりはしたけど、その辺りはバトルの面白さでカバー
したかなと言った感じか。クリアするだけなら適当に並べとけば簡単だけど、高得点
狙うならスタンを狙いつつカードの順番を考えなければいけないこのバランスが絶妙。

えろさも中々。委員長がナニをしてるのを覗きながらクローゼットでクルルとナニをするとか、
不完全淫夢を見て起きたら布団の中でナニされてたとか、開発陣はよくまぁこんなえろい
シチュエーション考えたなぁというパターンで攻めてこられちゃ、ねぇ?(問いかけ)

アバンタイトル(DBでいう最初に亀仙人が前回までのあらすじを語るヤツ)が
またギャグ物っぽくてよろしいので二週目に期待。





プリっち終了。てかテキストに問題点があるから回収って。
モザイク激小とかピー音マジ無意味とかはいいんかい(笑)

とりあえず真実編と英雄編を一気にクリアしたんですが、英雄編はいきなり
何でも知ってる新キャラが出てきて謎について全て語っちゃうという、
今までやってきた流れをマジぶち壊しなのはどうかと。その状況に陥ってる
理由を進めていくうちにじわじわ思い出すとかにゃ出来なかったのかな。

それに学園編であれほど頑張ったえちシーンないしナー。
林檎とかヒロインなのに二週目から面白いぐらいに空気扱い。
かれんシナリオもあるこたぁあるけどやっつけ仕事だし。

でもさ、学園編は面白かったんよ。そのバカなノリを後半も続けて、
「俺は世界もヒロインも全部救うぜEND」ぐらいに特化したらよかったのになぁ。
FDに期待したいは褒め言葉なんだろうか。





戻る