やきもちツインベル
発売元 容量 ボイス CDチェック あり 
戯画 - フルボイス 2004年11月発売



ツインベル、同い年双子クリア・・・

          << #)つ
.       □  しヘ  \
    バシッ ヽ/   (_ヘ__)
        ☆

  ((_
 〃´   `ヽ  ←シン
 i .( (( ))ノ 
  W#´Д`ノ  「さすが、地雷は戯画のお家芸だなぁ!!」 

希望と現実の落差による、寄せどころのないこの感情。久々に味わったよ。
前半の日常部分が本編の2/3・・・スキップ使ったらクリア時間二人で3時間ってナニよ。
追加えちのおまけもあって無きに等しい長さ。スゲェ、久々の(逆)大hit!!

(´-`).。oO(やっつけ仕事になったのはおおよそライターが逃げたからなんだろうな・・・)





まぁ前回GORUAAAAAした時は同い年クリアでガン種も裸足で逃げ出すほどの
内容のなさにブチギレ放置したんですが、今回改めてフルコンプ。


・・・下がりようのない評価がさらに下がった。('A`)


まず、”一応”学園モノという体裁を保ってはいるが、学園内での日常イベントが
「屋上で弁当を食べる」(それも一回のみ)だけなところからしてやる気のなさが伺える。

それから、全部のえちシーンが5クリックという笑えない冗談のような事実が凄い。
特にチビロリメイド、個別ルートに入ってctrlキー押しっぱなし30秒でEndになるとは思わなんだ(笑)

大体、このシナリオのどこに「やきもち」が入ってるんだよ。俺はてっきり双子が
パルフェ(この時はまだ発売してなかったが)みたく主人公を取り合う微笑ましい(?)
ラブコメが展開されるんだと期待してたんだよ。それが・・・

隠しキャラもスゲェ。どのキャラのフラグも立てずに進むと前振りもなく突然主人公が
キュンな人に発情しだして家に押しかけ→真相解明→10秒えち→endというネタなのか
何なのか全く分からない展開。

年上組も年上組で、ルートに入ると「俺は昔から真奈美さんのことが好きだった」と
プレイヤー置いてけぼりな事さえも気づかせぬ勢いでコクハーク→ガターイ→endな流れ。
ここまで書いてきて、明らかに未完成のまま時間切れで無理矢理まとめた出来に、
こんなもんに1エロゲ出して買った自分にマジ泣けてきた・・・orz





戻る