私は、萌えを討つ者だから…(前編)

※このレポートは画面サイズ1024×768以上、文字サイズ大以上でみることをお勧めします



オフ会IN日本橋!







待ち合わせ場所は地下鉄恵美須町の改札口。
結構待ち合わせらしき人物がいる







自分の目印はは阪神の帽子をかぶっていくと通達済み




自分、すげー場違い
旧阪神の帽子(白い奴)を被って来てしまった…せめて現阪神の帽子(黒)に
しとけばよかったかな?










早く目的の人物を探そう…(///)
今回の参加者はURAさん。









…どれがURAさんか分からない

そういやURAさんの特徴聞いていなかった(汗)












こういうときの為に携帯の番号を聞いていたので、電話する事に。


「…おかけになった電話はただいま電源を切られているか、電波の届かないところに…」



つーか地下だから携帯の電波届かないことに気づく


こうなりゃ毒電波で…ってゲームが違う!!












どうこうしているうちに待ち合わせの時間が過ぎようとしている

仕方が無いから一度地上に上がってメールをしてみることに。











とその時!




「shigeさんですか?」









そこには「ラブひなコミックス」を堂々と持った好青年が!!







たぶんURAさんだろう




きっとURAさんだろう




絶対URAさんだ














無事URAさんと会うことが出来た一行は目的の「日本橋めぐり」をする事に






まずはソフマップ4号店

GT3のデモをやっていた










…何か物足りない…






…自分達の求めているものはこれではない…










キュピーーーン


自分の脳裏に何かひらめいた











「URAさん、次行きましょう」









たどり着いた先は








ソフマップ2号店4F










そう、
PC新品ゲーム売り場!







あぁ、明らかに場のオーラが違う!!



自分達と同じオーラを放っている!!(笑)














とりあえず、URAさんを案内する








「あ、ラブひなデスクトップアクセサリ売っていますね」





自分がそういった瞬間






URAさんは風になった






手にはすでに目的のものがゲットされていた







迷いも無く





躊躇せずに





目的遂行をするその心意気、





ただただ感服させられるばかりでした










もちろんブツが”ラブひなデスクトップアクセサリ”なんていうメジャーなものではなく







AIとまデスクトップアクセサリ」であったことにも








URAさんいわく
「探していたんですが、なかなか売っていなかったんですよ〜」




しかもラスト1つだったことにも彼の行動力を上げる理由であっただろう












URAさんがレジをしているとき、ふと自分の目に何かが映った














Air原画集



”定価3000円”





うぐぐぐぐ!!!!!!!!!!!!







「喝!答えよ、ドモン!」


「流派!東方不敗は!!


王者の風よ!


全新系裂!


天破侠乱!


見よ!東方は赤く燃えている!」






も、もうすこしで手を出すところだった…ふぅ。











「さぁてソフマップで使命は遂行したし、次に行きますか」





「そういやURAさん、昼飯はどうします?」



「食べてませんけど大丈夫です。」




「なるほど、昼飯代を浮かすんですね」



ニヤソ









なにやら怪しげなフィギュア店を経て(諸事情により省略)

自分達はマニアの登龍門にやってきた。




その名も





とらのあな




〜よいこの為の解説〜

「とらのあな」とは同人本、ゲームを販売している大手なんだよ

決して悪役レスラーを鍛える場所じゃないよ

…誰も間違わないよね。






…ついに来たぜ、とらのあな…

俺は前回の借りを返す!(何の借りだ?)




まずは2階





URAさんは月姫の同人を探している模様







そこで自分が見たものは








「ラ@だ@」(文部省検定により伏字 嘘)




しかも16巻まで出てる。

本編を越えてやがる(笑)






お、俺は…俺は認めんぞぉぉぉ!!!!!!!!!(何を?)











kanonの同人雑誌を買うかどうか本気で迷っていると、URAさんが無かったとの報告が入る








本の後は、ゲームですね(にやそ)











お次は3階、同人ゲーム売り場。








3階に上がると、目の前に「魔物ハンター舞」のデモプレイがやっていた





くっ!もう少しで手を出しそうになってたぜ。







俺がここに来たわけ、それは









「KANOSO」を買いに来たのだ!!!!







URAさんは月姫の追加ディスク?を探したが売切れだったらしい










後半へ〜続く。(キートン山田風に)